アイキャンフライ

    2019年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/04/28(日) 10:53:37.06 ID:Pbwi5Umr9
    ◆ 結婚できない男:阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送

    2006年7~9月に放送された俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「結婚できない男」(カンテレ、フジテレビ系)の続編が、10月期に放送されることが26日、明らかになった。
    前作から約13年ぶりの“復活”となる。

    続編は前作から13年後が舞台で、変わらず独身で「偏屈さにさらに磨きがかかった」という主人公・桑野信介(阿部さん)の日常を描く。
    阿部さんは「随分長い間結婚していなかったんですね、やっぱり。彼に再会できることがうれしいです」と喜び、「世の結婚していない男性を癒やすようなドラマにしたいです」とコメントを寄せている。

    「結婚できない男」は、偏屈で独善的で皮肉屋だが、どこか憎めない独身の建築家・桑野信介が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を真摯(しんし)に考えるまでの日常を描き、話題となった。
    続編では、前作に続き尾崎将也さんが脚本を担当する。

    前作から13年後、主人公の桑野信介(53)は、以前と同じマンションに一人で暮らしている。
    13年の間に飛躍的に進んだIT化に合わせ、スマートスピーカーといった最新機器を取りそろえるなど、引き続き独身生活を謳歌(おうか)している。

    恋愛では、自身の担当医だった早坂夏美と交際まで発展したものの、愛想を尽かされてしまい、その後に破局。
    少し恋愛モードに傾いていた桑野の気持ちは、再び固く閉ざされ、独り身を謳歌する生活に逆戻り。

    50歳を過ぎ、偏屈さにはより一層磨きがかかっている。
    将来のことを考えると、少し不安も感じている桑野だったが、偶然出会った女性たちとの間で運命の歯車が動き始める……という展開。

    阿部さんは、続編の制作にあたり「随分長い間結婚していなかったんですね、やっぱり。彼に再会できることがうれしいです」と喜び、桑野信介という役柄については「人嫌いなようで、実は人と関わりたくて仕方ない。人のために役に立ちたいと誰よりも強く思っている。そんな彼が僕は好きです」とコメント。
    続けて、「13年前よりもさらに結婚しない人が増えていると聞きます。世の結婚していない男性を癒やすようなドラマにしたいです」と意気込んでいる。

    「結婚できない男」の続編は、10月から毎週火曜午後9時に放送。

    写真:2006年に放送された阿部寛さん主演の連続ドラマ「結婚できない男」の一場面=カンテレ提供
    no title


    まんたんウェブ 2019/4/26(金) 5:00
    https://mantan-web.jp/article/20190425dog00m200035000c.html

    ■前スレ(1が立った日時:2019/04/26(金) 05:07:06.26)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556289644/

    【【朗報】阿部寛主演『結婚できない男』が13年ぶりに復活!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/04/25(木) 20:24:30.03 ID:2uK2VV249
    2018年4月に未成年への強制わいせつ容疑で書類送検され、同年5月にTOKIOから脱退、ジャニーズ事務所との契約も解除された元メンバーの山口達也(47)。

    今年9月にデビュー25周年を迎えるTOKIO。それを機に「山口のTOKIO復帰」を報じる一部メディアもあったが、4月24日に発売された『週刊新潮』(新潮社)では「とても無理でしょう」という関係者のコメントを掲載。
    被害女性に事件のトラウマが残っており、さらに“依存症”とも言われる酒癖の悪さを業界で知らぬ者はおらず、治療が完璧になされたという保証でもないかぎり、復帰はありえないとも断じている。

    「記事では2016年8月に離婚した山口の元妻の母親にも取材していて、“世間ではワーッとなりましましたが、私たちは驚きませんでした。
    お酒は病気ですから……。孫も事件のことを知っている”と、話していたと報じています。
    この元妻の母親の言葉は、まるで山口が不祥事を起こすことやお酒のことを知っていたような口ぶりですよね。
    山口については、不祥事を起こす以前から彼の酒癖の悪さから、夫婦間にいざこざがあったのではないかという話が出ていたんです。
    山口の元妻は離婚前後、精神的に相当不安定だったようで、当時のフェイスブックに心境を吐露していました」(芸能記者) 

    山口と離婚した直後の2016年9月、元妻と見られる人物のフェイスブックには以下のような投稿があったという。

    「1番自分が望む幸せとは…と、3年間、本気で向き合いました」「あっという間に真っ黒な闇の中に入ってしまった」「息も吸えなくなるほどの苦しみが心も身体も全てを埋め尽くしてしまった」

    文面からは山口との関係に相当悩んでいたことが伺える。離婚後、元妻と2人の子どもはハワイに移住し、現在も同地で生活しているという。

    「一部報道では山口も治療のためにハワイに渡ったと伝えられていますが、離婚に至った経緯やその後の未成年女性との不祥事のことを考えると、元妻が山口と復縁すること、
    さらに子どもも含め家族関係を再構築することはないでしょうね」(前出の芸能記者)

    4月26日、山口達也が事件の報道を受けて会見してから、1年を迎える。国内で治療を続けているという山口は、どのような思いでその日を迎えるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1794497/
    2019.04.25 19:10 日刊大衆

    【【衝撃】TOKIO山口達也元メンバー、「復帰可能性は0%」wwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/04/08(月) 23:06:16.71 ID:lhsQUCJiM
    正直面白さが1ミリもわからんかったんやけど、ワイみたいの他におらんの?
    一緒に行った彼女がハマって面白い面白い言ってたけどガチでなにがおもろいのかわからんかった
    誰か面白さ教えてくれ

    【【混乱】今さらボヘミアンラプソディ見たんやけどさ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/04/14(日) 13:38:09.19 ID:lmoJSVf69
     最近は政治ネタ漫談が売りとなっている、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さん。あっけに取られてしまうほど真性な「かまってちゃん」なのでしょうか、あちらこちらに噛みついては、都合が悪くなると一目散に逃げてしまうという横暴ぶりを見せています。

     彼の主戦場は現在、本業の舞台でもテレビでもなくツイッターで、好き勝手放題、自由気ままに呟いていらっしゃるのですが、誰それ構わず喧嘩をふっかけるスタイルに「もはやビョーキ」と業界全体のみならず世間を呆れさせている印象です。


     彼が所属する吉本興業の関係者は、村本さんをどう見ているのでしょう?

    「ドン引きだったのは、高須院長に噛み付いたこと。この俺があの高須院長に物申してるんだぞ、どうだお前らすごいだろという下心が透けて見えて、ひやひやしたというより嘲笑しました。村本は自ら炎上を起こすことでネットのニュースに取り上げてもらえることを知っています。そもそも、芸人として成功してませんし、テレビに出ると言っても政治ネタが絡むものばかりで、話題性には欠けますよね。一緒にバラエティを盛り上げようと手を差し伸べる芸人仲間もいない、テレビに出る人は誰も自分のことをネタにはしてくれない、それじゃどうすれば目立つことができるのか? ネットで馬鹿騒ぎをすればいい、そういう短絡的な考えの持ち主なんですよ。本人も薄々自分がいかに惨めか気づいてるはずなんですが、心入れ替えてやり直すにしたって、時すでに遅し」(吉本興業関係者)

     日頃から数々の政治問題を過激な言葉でツイートし、高須院長から猛反発を食らって恥をかいていた村本さん。それに対してさらに上をいく挑発的な言動で意味不明な反論を展開。最終的には「おこがましい口の利き方をするな」とやり返しました。
     挙句、高須院長の長男で同じく医師である力弥氏のイラストを、自分のツイッターのアイコンに無断転載し、当の力弥氏から咎められる事件がありました。

    「みっともない真似をしたものです。高須院長と舌戦を繰り広げたことに一定の満足感を得た様子でしたが、結局は村本が白旗を上げて幕引きに。高須院長は実績も経験もある方ですし、うちの所属タレントが出演する番組のスポンサーでもあります。つまり無知な村本は、あってはならない過ちを犯し、同僚たちの顔にも泥を塗ったんです。ちょっと考えればわかることなんですが、一度カッとなると気持ちが抑えられず、制御不能となるんです。いい加減、うちの社員の間でも村本不要論が飛び出す始末で、さらに芸人らからもただちに消えて欲しいとまで言われています。事務所が動かないのであれば、俺たちが辞めさせると、息巻いてる芸人もいます」(同上)

     実はテレビ局や広告代理店からも「村本を解雇すべき」という声が上がっているのだそうです。大手代理店関係者に話を伺いました。

    「政治ネタをいじることは別にいいんですよ、ただ彼の場合はとにかく無礼。言葉遣いも言動も何様だよ? って感じで、説得力がまるでない。何がしたいのか本質が見えないので、ただバカみたく吠えてるようにしか思えず、嫌悪感をあらわにする大手スポンサーも数本。空気すら読めない男が、政治批判とか本当に鼻で笑ってしまうし、存在自体が迷惑なんですよ。
     聞いた話によると、吉本幹部と村本はここのところ何度か話し合いの場を設けているらしく、吉本さんとしては村本はもういらない、勝手にYouTuberにでもなればいいと匙を投げた状態なんだそう。一方の村本は流石にまずいと気づいたのか、例の弾丸トークで言い訳をし、顔を真っ赤にしてるらしい。
     そういえば週に1度、自身が運営するメルマガで、有料配信を行ったりもしています。また、反安倍政権寄りのツテで、地方公演までしているとか。吉本に相談もなく勝手にやってる営業なんで、相当金にも困ってるんでしょう。田舎町へ行ってタダ飯タダ酒をくらい、適当で面白くも解決策もない身勝手な理想論を掲げる、本当にみっともない男ですよ。最後ぐらい綺麗に、自分から去って欲しいものです」(広告代理店関係者)


     あまりにも嫌われているので取材してビックリしました。吉本の芸人たちの間では、「あいつに近寄るな」派と、「力づくでも黙らせてやりたい」派の二つに分かれているのだとか。

     とくにおかんむりなのが松本人志氏と中川家の兄。そこへ最近、明石家さんま氏も参戦しているというのだから、いよいよ芸人・村本さんの終焉は近いのかもしれません。覆水盆に返らず。(取材・文◎那目鯛子)

    https://news.infoseek.co.jp/article/knuckles_4786/

    【【驚愕】ウーマン村本氏、絶対に怒らせてはいけない人を怒らせて吉本解雇の危機????????????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/04/12(金) 22:12:54.82 ID:szpeM/gk9
    2019年4月12日 09:59
    https://www.asagei.com/125030
    https://cdn.asagei.com/asagei/uploads/2019/04/20190412_asagei_cmgyara.jpg

     4月9日発売の「FLASH」が、今年4月からの芸能人男女200人のCMギャラを明らかにした。掲載した資料は、大手広告代理店が営業の際、クライアントに持参するものだという。

     同誌の記事によれば、女性タレントのランキング1位は5500万円の綾瀬はるか。現在11社と契約中だ。この位置は長年、大女優・吉永小百合が占めていた。CM業界も、ようやく世代交代してきているということなのだろう。吉永と米倉涼子は、5000万円で2位。石原さとみ、北川景子、有村架純が3500万円。続いて3200万円の尾野真千子。滝川クリステル、桐谷美玲、深田恭子が3000万円で並んだ。

     注目は、今期NHK朝ドラヒロインの広瀬すず。昨年から600万アップの2800万円。昨年の大河「西郷どん」で隆盛の3度目の妻・糸を演じた黒木華は、400万アップの2200万円となっているところだ。

    「NHKの朝ドラや大河に主要キャストとして出演すると、知名度は全国区になります。事務所は、両ドラマへの出演が決定するとすぐにスポンサーへ猛プッシュをかけるんです」(芸能記者)

     昨年CMデビューしたKoki,(「o」の上に「‐」)も、1800万から2500万円にジャンプアップした。

    「メディアへの出演が多くないのにこの金額は、やはり注目の逸材だから。しかし、実は視聴者からは早くも『お腹いっぱい』の声があがっているんです。どこに出ていても母親である工藤静香の影がチラつくイメージを持たれているようで、数多くいる“2世芸能人”の1人と見られているのかもしれません」(前出・芸能記者)

     逆に大幅ダウンした中では、井上真央と剛力彩芽が注目される。2500万円から1000万ダウンの1500万円。井上は事務所移籍、剛力は前澤友作社長との交際で、ZOZOカラーが色濃くなったことが原因のようである。

    【【最新CMギャラ】女性タレント“勝ち組と負け組” wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ