アイキャンフライ

    2018年10月

    1: 名無しさん 2018/10/29(月) 21:12:15.98 ID:CAP_USER9
    〈来年はどのような人生を歩みたいのかを真剣に考え、思い描くことで、気持ちの高まりが徐々に湧いてきたように思います〉

     10月20日、『貴乃花応援会』公式サイトに、こう近況を綴った、元貴乃花親方(46)。

    「“今後”ではなく、あえて“来年”と記している点に、19年夏の参院選出馬への意思を強く感じます」 こう“裏”を読むのは永田町関係者。さらに続ける。

    「“貴乃花が出れば100万票は確実”と、安倍総理の肝いりで、貴乃花の参院選出馬計画が進んでいるという話です。それゆえ、安倍総理自身と同じ細田派の馳浩元文科相が呼びかけて、角界引退を表明した10日後に、貴乃花を議員会館に呼び寄せたといいます」

     当初は自民党サイドが外堀を埋めて行った形だが、ここにきて貴乃花の心境も徐々に変化しているようだ。

    「引退前後の貴乃花は酒量もタバコの本数も増え、“自殺説”が心配されるほど。10月11日には『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)の生取材に応じましたが、この時点では“政治は出ませんよ。完全に出ませんので”と否定していました」(後援会関係者)

     だが、“貴乃花政界待望論”は高まるばかりとなり、「実は『グッディ!』放送後、元貴乃花部屋後援者でもある池口恵観法主が、貴乃花へ政界入りを要請するメールを送ったというんですよ」(前同)

     池口法主は、安倍首相の指南役ともいわれる人物。背後に自民党の思惑があることは想像に難くない。「貴乃花は池口法主と大変親しく、絶大な信頼を寄せていることでも有名です。こうした声に押され、参院選出馬も選択肢として考え始めたのでは……」(同)

     さらに、貴乃花への追い風も吹きだした。「日本相撲協会が設置した暴力問題再発防止検討委員会が、10月19日に最終報告書を協会に提出しましたが、その内容は、“相撲部屋を異にするモンゴル出身者グループ内での上下関係”、すなわち“モンゴル互助会”の存在を認めるものでした。グループ内の先輩が、後輩力士の師匠を通さずに指導、ひいては暴力を振るう実態を報告。これは、貴乃花が告発した問題と一致しています」(相撲記者)

     再発防止委は、協会から独立した第三者機関。公平な調査のもとでは、貴乃花の主張は正しかったということになる。

    「内閣府に提出した告発状を事実無根と認めるか、廃業か。その二択を迫られ、苦渋の決断で引退を選んだというのが貴乃花の主張ですが、協会への“遺恨”はまったく消えていません。16年の理事長選出馬の際も、行動や発言を制御され、嫌がらせを受けたようでした。日馬富士による暴行事件以降も協会内で“いじめ状態”だったといいますから、貴乃花が政治家に転進することで、反撃に出てもおかしくありません」(前出の後援会関係者)

     だが、政界進出は協会への復讐が狙いではない。「引退会見で“協会と闘うつもりはない”と宣言した通り、貴乃花は闘うのではなく、ともに相撲を良くすることが真の目的だといいます。公正公平な角界にするために、一門を飛び出してまで理事になり、理事長選にも挑戦したわけです。ただ、協会内からの改革は失敗に終わった。しかし、政界から“議員になれば、協会の外から角界を改善できる”と説得され、貴乃花は政治家として相撲界の抜本的改革に乗り出そうと考えているのでは」(前同)

     貴乃花が政界入りで企てる“角界浄化計画”とは何か――。現在発売中の『週刊大衆』11月12日号では、その詳細をさらに明らかにしている。

    日刊大衆2018年10月29日06時45分
    https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_61705/

    【元貴乃花親方が「逆襲の一手」で狙う相撲協会の浄化大作戦】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/10/29(月) 14:48:42.34 ID:CAP_USER9
    関ジャニ∞の錦戸亮が、来年1月7日スタートのフジテレビ系月9ドラマ「トレース?科捜研の男?」に主演することを、一部スポーツ紙が報じている。

    記事によると、同ドラマは、元科捜研研究員の古賀慶氏による累計40万部突破のコミック「トレース?科捜研法医研究員の追想?」が原作。

    錦戸が演じるのは、ある陰惨な過去を持つ科学捜査研究所の法医研究員・真野礼二。
    主観や憶測を排除し、鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じて、冷静沈着に被害者の思いや無念を明らかにしていくという。

    錦戸が月9に出演するのは、2011年7月期の「全開ガール」以来7年半ぶりで、今作が月9初主演となる。

    科捜研のドラマといえば、沢口靖子主演のテレビ朝日系ドラマ「科捜研の女」が、
    99年10月のスタートから、現在放送中の第18シリーズまで続く長寿ミステリーとして人気だが、かなりまぎらわしいタイトルとなった。

    「現在放送中の『SUITS/スーツ』が初回から2ケタ以上をキープして、やや復調しつつある月9だが、新ドラマはタイトルのネーミングがあまりにも安易では。
    まさかとは思うが、テレ朝のドラマと間違って見る視聴者層に少なからず期待してしまっているのではという印象を受けてしまう」(テレビ局関係者)

    錦戸といえば、今年8月に一部で、関西在住の20代の人妻と頻繁に密会していることが報じられた。

    さらに、9月には錦戸にホテルの部屋に“お持ち帰り”された女性から、
    避妊具なしで性行為をされ妊娠の可能性が浮上したことを告発されてしまったが、ここまで何のペナルティーも与えられず。それどころか月9主演をゲットしたのだ。

    「今や月9は出演オファーを受けてくれる役者が減ってしまったので、フジがジャニーズにすがりついてしまったのでは。
    そこで次期社長の藤島ジュリー景子氏がお気に入りの錦戸を猛プッシュしたのでは」(芸能記者)

    ドラマの制作サイドは、月9の放送中に錦戸の女性スキャンダルが出ないことを祈るばかりか…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1552146/
    2018.10.29 12:30 リアルライブ

    【スキャンダル連発の関ジャニ錦戸が月9ドラマ主演wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/10/29(月) 08:59:01.84 ID:CAP_USER9
    10月1日、スペシャル番組『FNS番組対抗オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』(フジテレビ系)が放送。
    この番組中、総合司会を務めた坂上忍(51)と、月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ)の番宣で出演したゲストの織田裕二(50)との間に“事件”が起きていたと、『女性自身』(光文社)が報じた。

    記事によれば、事前に織田サイドから“イジらないでほしい”というお達しがあったにもかかわらず、坂上は織田をイジり続けた。
    これに織田が“約束が違う!”と激怒。番組終了後、フジテレビに織田の事務所から坂上との共演NGが伝えられたのだという。

    番組での2人を振り返ると、番組冒頭から坂上はさっそく「みなさん! フジテレビに織田裕二が帰って来ましたよ~」と織田イジリ。
    苦笑いする織田に、坂上は「この番組に織田が出てくれるなんて、スタッフ全員ビビってる」と続けていた。

    「番組中、坂上が織田を呼び捨てで呼んでいたことや、タブーにしていた鈴木保奈美(52)との再共演ネタを突っ込まれたことも影響したと伝えられました。
    最近の坂上は、MCとしてギリギリを攻めるけど一線は越えない、とてもクレバーな番組回しをしていただけに、ちょっと驚きましたね」(芸能記者)

    実は、織田と一触即発状態になったのは、坂上だけではない。
    大人気ドラマ『踊る大捜査線』シリーズ(フジテレビ系)で、長年織田と共演してきた柳葉敏郎(57)もその一人だ。

    柳葉は、過去に新聞で連載していたコラムで、織田に“それ違うんじゃない”と演技をダメ出しされ、ブチギレしたことを告白。
    さらに、「室井(柳葉が演じた刑事)を劇中で殉職させてほしい」とプロデューサーに直訴していたことも明かし、関係性の悪さをほのめかした。

    それ以降、2人の不仲説は『踊る大捜査線』が映画化されるたびにメディアをにぎわせてきた。

    「2016年には、テレビ番組で陣内孝則(60)が、嫌いな俳優として織田の名前を挙げていました。
    そこで、柳葉と織田の不仲にも言及していたんですね。
    ある特番に柳葉と陣内が出演した際、収録後に、同じくゲストで出演していた織田のところに、柳葉が近寄っていったのだそうです。
    ひと悶着あるかと思いきや、柳葉は“織田ちゃーん!”」と肩を抱き、じゃれあったのだとか。
    確執が噂されていただけに、陣内は“仲いいんだ……”と拍子抜けしたと語っていましたね」(テレビ誌ライター)

    ちなみに、陣内が織田を嫌った理由は“初対面のときになまいきな態度を取っていたから”だといい、今では関係は良好だという。

    また、織田のモノマネでブレイクした芸人の山本高広(43)は、織田側の怒りを買い、“ツブされかけた”ことがある。

    「2008年に、織田の所属事務所から、山本をはじめとする織田のモノマネは、人格権や肖像権の侵害となる可能性が高いと、テレビ各局に“織田モノマネ禁止令”が通達されたんです。
    これは織田自身が、ドラマの制作発表の席で山本のモノマネを“僕は笑えない”と批判したことが原因だとささやかれました。
    しかしその後も山本は織田のモノマネを続けていて、2011年には双方和解したと言われています」(テレビ局関係者)

    日本を代表する名優だが、多くのドラマ関係者が「扱いが難しい人」と評する織田裕二。芸能界で「振り返れば敵がいる」状態にならないことを祈るばかりだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1551900/
    2018.10.29 06:30 日刊大衆

    【【愕然】坂上忍以外も! 織田裕二がガチでケンカを売った芸能人の実名wwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ