アイキャンフライ

    2017年06月

    1: 名無しさん 2017/06/30(金) 05:17:07.02 ID:CAP_USER9
     ジャニーズ特需はもはや昔?『小さな巨人』や『あなたのことはそれほど』(共にTBS系)が、最終話でそれぞれ全話最高の視聴率を記録した。このスマッシュヒットが業界内でジャニーズタレントの不要論を強めつつあるという。

    『小さな巨人』最終話の平均視聴率は、全話中最高の16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)をマーク。特に香川照之(51)と長谷川博己(40)が終盤に繰り広げた“顔芸対決”は、視聴者の間で「大号泣」「正義を貫いてくれたラストには感動した」と手放しの高評価だった。

     波瑠(26)主演の『あなそれ』の最終話も、同じく全話最高の14.8%。こちらはこちらで、視聴者納得の結末を迎えて話題を呼んだ。『あなそれ』の東出昌大(29)は相変わらず大根演技だったが、今回は「それもご愛嬌」という範囲で収まった。

    ■視聴者からは“ジャニーズ0采配”のドラマが高評価に?
    『小さな巨人』と『あなそれ』の共通点の一つは、主要キャストにジャニーズタレントがいないこと。俳優・女優と名のある専業俳優がラインナップを固め、成功を収めている。また小栗旬(34)主演の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)も二桁キープで映画化を望む声が出るほどの印象を残した。4月期は全体的に、“ジャニーズ0采配”が功を奏している。

    「ジャニーズタレントが出演すると女性ファンが浮足立ち、SNSでもメディアでも作品自体が色物扱いされる弊害がある。『小さな巨人』や『CRISIS』の場合、何かと物議の対象になるジャニーズがいないことで極端な反発意見が少なく、視聴者はストレスなく前向きに作品と向き合うことができた。制作側も本音では”ジャニーズ0采配”を望んでいます」(テレビ局関係者)

     近年、ジャニーズ出演のヒット作も減少傾向にある。今年に入ってからは特にドラマ・映画へ相次いで出演する嵐の出演作に不調が目立つ。櫻井翔(35)の主演ドラマ『君に捧げるエンブレム』(フジテレビ系)は8.4%と大コケ。相葉雅紀(34)主演の月9ドラマ『貴族探偵』(同)も1ケタ台に沈んでフジテレビ・亀山千広社長(61)の降板に大きな影響を及ぼした。

     かつてドラマ・映画で大活躍し、ジャニーズ主体のドラマブームを牽引した木村拓哉(44)も、4月公開の最新映画『無限の住人』が興行的には大失敗。次回の出演映画『検察側の罪人』は嵐・二宮和也(34)のバーター説が取り沙汰され、見る影もない。

     巷では「やっぱりドラマにジャニーズとかいらない」「質の良いドラマを作るには、やっぱり足手まとい」なんて声もチラホラ。なぜこうもジャニーズタレントの威光は消えてしまったのか。

    「一つの要因は、SMAP解散や醜聞スキャンダルが相次ぎ、視聴者とジャニーズ事務所の対立構図が出来上がり、イメージが悪化しつつあることでは。この先もジャニーズ出演作が軒並み倒れると、より視聴者離れが加速するのは確実でしょう」(デスク)

     7月期からはTOKIO・長瀬智也(38)主演の『ごめん、愛してる』(TBS系)や、山下智久(32)主演の月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)が始まる。過去にヒット作を生み出したこの二人も惨敗すれば、“演者・ジャニーズ”に対する世論はより厳しくなりそうだ。

    文・海保真一(かいほ・しんいち)
    >>1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

    https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1326772/

    【ジャニーズはもはや連ドラに不要という風潮wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/06/30(金) 08:07:27.66 ID:CAP_USER9
    土屋太鳳、多数の芸能事務所がスカウトに動く「超美人姉」の素顔!
    2017年6月30日 05:59
    http://www.asagei.com/excerpt/83920
    no title


    6月23日、来年1月から始まる舞台「プルートゥ PLUTO」で初の演劇に挑戦する事を発表した女優の土屋太鳳。

     NHK朝ドラ「まれ」でヒロインを務めてから2年。6月30日には主演映画「兄に愛されすぎて困ってます」が公開されるなど、女優として順調な活動を続けている。

     そんな土屋に関して、興味深い話が業界筋から聞こえてきた。

    「今、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中の土屋さんですが、彼女に負けず劣らずの“金の卵”が彼女の身近にいるんですよ。どの事務所にとっても喉から手が出るほど欲しい人材ですね」と語るのは芸能事務所関係者。

     果たして、その“金の卵”とは──。この関係者が明かす。

    「彼女の2歳上の姉・土屋炎伽さんです。現在、富士通でチアリーダーとして活躍しているのですが、これまでも多くの芸能事務所がスカウトに動いています。妹の太鳳さんに似た超美人で、スタイルに関してはお姉さんのほうが確実に上でしょう。『トークにキレがある』との話も聞きます。今後、芸能界デビューする事があれば瞬く間にスターダムにのし上がるでしょうね」

     デビューに期待が高まるばかりの土屋太鳳の超美人姉。有村藍里・架純、広瀬アリス・すず姉妹に続く芸能界「美人姉妹」の誕生となるかどうか。
    (白川健一)

    【【発見】土屋太鳳の姉wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/06/29(木) 16:08:37.08 ID:CAP_USER9
    川口春奈は視聴率が取れない女優?「爆死イメージ」は本当か検証
    2017.06.29 07:00
    https://www.news-postseven.com/archives/20170629_573607.html

    娯楽が多様化した現代では、連続ドラマや映画で良い数字(視聴率・興行収入)を残すのは、以前よりはるかに難しくなっている。

    その結果、主演クラスの俳優に「爆死」「低視聴率」の責任が負わされ、ネガティブなイメージがついてしまうことも。

    俳優の中にはそんな状況を恐れるあまり、主演の仕事をあえて断る人もいるそうだが、実際のところ世の中の人は本当にそんなイメージを持っているのだろうか?

    第1回の武井咲に続き、しらべぇでは旬の若手女優・川口春奈について調査を行なった。

    ■4割が川口春奈に「低視聴率」のイメージ
    no title

    しらべぇ編集部が全国の20~60代の川口春奈を知っている男女816名に調査を行なったところ、「川口春奈は映画やドラマでヒットに恵まれていない印象がある」と答えた人は全体の4割。

    武井咲の43.7%と比較すると、3ポイント程度低くなっている。

    ■20~40代は4割超え
    no title

    年代別に見ると20代がもっとも高く、44%が該当。以下、年代が上にいくほど該当率は少しずつ減少し、50代以降では4割を切る結果に。

    【【悲報】川口春奈が爆死女優という風潮wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/06/29(木) 12:49:24.67 ID:CAP_USER9
    6月27日、18年の大河ドラマ「西郷どん」(NHK)に、俳優の渡辺謙が島津斉彬役で出演することが発表された。渡
    辺の大河出演は01年の「北条時宗」以来17年ぶりとなる。

     87年の大河ドラマ「伊達政宗」で人気を博し、やがて舞台を世界に移して活躍を続ける渡辺。
    今回の出演について「恩返しさせてもらう機会を頂いた」と意気込むが、この発表に不満を覚える人も少なくない。

    「渡辺といえば、今年3月に一般女性との不貞が発覚。当初は会見を開き釈明するものと思われていましたが、そのままスルーし続けて今に至ります。
    渡辺の島津斉彬役は早い段階でわかっていましたが、不貞騒動が原因で発表を遅らせていたのだとか。ここに来ての発表は、ほとぼりがさめたとの判断なのでしょう。
    しかし、視聴者はそこまで甘くありません。ネット上には『大河に恩返しする前にやることあるだろ』『説明責任を果たしていない』『逃げ回っておいて大河には出るのか』などのほか
    『この人が出るなら見ない』『日曜夜にイラッとしたくない』という視聴率に響きそうなコメントもあります」(芸能ライター)

     闘病中の“奥方”がありながら“町娘”と3年にわたって通じ合い「釈明会見しろ!」という市民の声には耳を傾けず頬かむり。
    そんな男に、果たして“お殿様”が務まるのか。

    http://www.asagei.com/excerpt/83816

    【【不貞】渡辺謙の17年ぶり大河出演に批判殺到wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/06/29(木) 07:18:34.47 ID:CAP_USER9
    27日放送の「ごごナマ」(NHK総合)で、女優の美保純が、マンネリ化した夫婦関係の改善に「交換」を提案する場面があった。

    番組の「オトナの○○事情」のコーナーでは、夫婦生活をテーマに視聴者から届いた性生活にまつわる相談メッセージを取り上げた。その中で、54歳の女性は「もう10年以上夫婦関係がありません」と告白。「更年期にさしかかるとストレスにならなくてよいと思うのですが『男性はいくつになってもしたい生き物』だと聞きます」「妻に拒否されて諦めているのか男性の本音はどうなんでしょうか?」と、男性の意見を求めていた。

    これに司会の船越英一郎は「男性も一括りにはできないと思う」「個体差もありますし、奥様との関係もあってケース・バイ・ケースだと思う」「男性がこうだってワケではない」と助言をした。

    一方で美保は、夫婦関係の乏しい友人がいると話し、夫の積極性と妻の「自分はもうイヤ」という気持ちが噛み合わず、大ゲンカに発展したことがあったのだと明かした。

    また、結婚生活がマンネリ化することで「セクシーな気持ち」になることが難しいとの持論も展開。「シチュエーションを変えるとか、『夫婦交換』したらとか、いろいろありますよね」と提案すると、船越が「スゴいこと言ったね!?」と驚愕した。美保も一瞬「あれ!?」と驚いた表情を浮かべたが「超裏ワザ」だと訴えた。

    その後も、美保が「(夫婦間で)いやらしい話をし合いっこすればいい」「エロネタ合戦みたいな」と提案すると、進行役の阿部渉アナウンサーは「はぁ…いろんな工夫、アイデアがあるもんです」「ありがとうございます」と美保に頭を下げて、笑いを誘っていた。

    写真
    no title


    2017年6月28日 8時0分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13261940/

    【【吐露】船越英一郎の正直な気持ちwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ