アイキャンフライ

    1: 名無しさん 2017/07/07(金) 14:41:55.601 ID:BBMmVZSJ00707
    夏 ファッション メンズで検索したらこんなチャラチャラしたヒョロガリばかり出てきたのだが・・・。
    https://shop.menz-style.com/printimage.php?id=cd11992_1&w=300&h=540
    https://shop.menz-style.com/printimage.php?id=cd20970_1&w=330

    一方、外人 夏 ファッション メンズで検索したらシンプルイズザベストな恰好良いマッチョが出てきたw
    http://vogueword.click/wp-content/uploads/2016/02/hj.jpg

    【【悲報】日本人のメンズファッションださすぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/07/09(日) 16:33:39.55 ID:CAP_USER9
     俳優の渡部篤郎(49)が主演を務めるフジテレビの連続ドラマ「警視庁いきもの係」(日曜後9・00)は9日、15分拡大でスタートする。テレビドラマ初ヒロインを務める女優の橋本環奈(18)との凸凹コンビが実に愉快。謎解きパートも巧みに描かれており、苦戦続きのフジ“日9”だが、化ける予感が漂う。

     警視庁総務部総務課・動植物管理係、通称・いきもの係(架空の部署)の鬼警部補・須藤友三(渡部)と新米巡査・薄圭子(橋本)が、動物の生態を基に事件解決に奔走する異色のコメディーミステリー。原作は、映画「名探偵コナン から紅の恋歌」(今年4月公開)の脚本なども手掛ける作家・大倉崇裕氏の「小鳥を愛した容疑者」「蜂に魅かれた容疑者 警視庁いきもの係」「ペンギンを愛した容疑者 警視庁いきもの係」「クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係」(いずれも講談社)。初回のメインアニマルは小鳥のジュウシマツ。動物に詳しくない者からすれば、トリックは斬新で思いもよらない。

     橋本は天真爛漫なキャラクターを見事に体現し、かわいさ爆発。事件そのものに興味はあまりないものの、動物への愛情や知識があれよあれよと謎解きに生かされる姿が痛快。渡部演じる主人公はオヤジギャグを連発し、2人の掛け合いが楽しい。

     共演は三浦翔平(29)長谷川朝晴(45)石川恋(23)清原翔(24)横山だいすけ(34)でんでん(67)寺島進(53)浅野温子(56)ら。初回は、でんでんが短いシーンながら存在感を示す。

     初回の脚本はフジテレビ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」、テレビ東京「みんな!エスパーだよ!」などの田中眞一氏。初回の演出はフジテレビ「ハッピー・マニア」「1リットルの涙」などの木下高男氏。

    [ 2017年7月9日 13:00 ]
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/09/kiji/20170709s00041000146000c.html
    no title

    【【勝負】橋本環奈主演のドラマwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/07/09(日) 08:29:00.77 ID:CAP_USER9
    デビュー25周年を迎え、いまだ衰えることなく歌姫として君臨し続ける安室奈美恵(39)。
    アムラー現象を起こし、歌手として絶頂期の20歳のとき、TRFのダンサー、SAMとの結婚を発表した時には世間に衝撃が走った。

    2人の間に生まれた長男、Aくんは現在19歳。小学校から都内のインターナショナルスクールで学び、高校からは英語教育に熱心な日本の学校に転校した。
    高校時代はアメリカのハイスクールに短期留学の経験もあり、この春には名門大学に入学したという。

    「安室ちゃんはことあるごとにAくんに『高校を卒業するまでは、あなたの母親をやる。でも卒業したら、自分の道は自分で切り開きなさい』と伝えてきたそうです。
    加えて『何でも自由にチャレンジしてみなさい。自分の行動には責任を持って。法を犯すことだけはしないで』と戒めの言葉も添えています」(芸能関係者)

    かつて“安室流”子育てルールとして、18時以降や土日は仕事を入れない、毎朝6時起床でお弁当づくり、学校の送り迎えはできる限りする、
    仕事で長期留守にした場合には旅行に行くなど、徹底した母親ぶりでも知られていた。英雑誌のインタビューに、「息子のためにがんばらなきゃいけない。それが生きがい。
    世間は息子を捨てた低俗な母親と思ってるかもしれない。メディアもこぞってそう書き立てた。けれど人がどう思うと関係ない。私は息子のため自分のために歌い続ける」というAくんへの強い愛情が感じられる名文句を残している。

    最近では東京・渋谷でAくんと2人で歩いている写真が話題になり、「もはやデートにしか見えない」と話題を呼んだ。
    「すでにAくんは自分のガールフレンドを安室ちゃんに紹介しています。そのガールフレンドとは交際が長く、Aくんが留学中にも遠距離恋愛を続けていました」(同)

    死ぬまでお金に困らないほど稼いでいる安室だが、金銭感覚についてはAくんに厳しく躾けたという。
    「学業に関すること、海外で学ぶことに関するお金に関しては出し惜しみしない。『あなたの勉強になるのなら、いくらでも使って構わないから』と、生きたお金の使い方をAくんに教育しています」(同)

    子供の手が離れた今、今後の米国進出に向けて熱心にレッスンを重ねているという。原宿にある所属事務所エイベックスの練習場では、頻繁にレッスンに通う安室が目撃されている。
    「パーテーションで仕切られてはいますが、他のレッスン生たちと同じフロアで熱心にダンスと歌の練習を行っています。作曲を手掛けたいという希望があって、最近では自己流でピアノを弾いています」(エイベックス関係者)

    女性として、アーティストとして第二の人生を歩み始めた安室に、Aくんもエールを送っているに違いない。 
    (文=編集部)

    Business Journal / 2017年7月8日 17時0分
    https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_351651/

    【【仰天】安室ちゃんの息子が名門大学へ入学していたwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/07/09(日) 12:43:01.88 ID:CAP_USER9
     歌手生活50周年の記念イヤーを迎える歌手の和田アキ子(67)が先日、アルバムをリリースするなどの“50周年プロジェクト”を発表した。
    それ以外にも50周年を彩るさまざまな計画もあり、イベントやテレビ、ラジオなどへの出演が企画されているが、一つだけオファーを“拒否”しているものがある。
    それがNHKの番組出演だというのだ。

     1968年10月にデビューした和田は、10月から50周年イヤーに突入する。節目の年に和田は、ベストアルバムの発売やツアーなども計画している。
     そんな多様なメディア展開が計画されているにもかかわらず、なぜかNHKからの番組出演オファーには、かたくなに首を縦に振らないという。

    「和田さんは日曜日の昼、20年以上も続く長寿番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)をやっているので、同じ時間帯の『のど自慢』には出演できないとしても
    、いまのNHKはBS放送も合わせると、かなり多くの歌番組を持っている。もちろん和田さんのところにもオファーはいっているんですが、和田さんサイドはかたくなに受けない。
    番組スタッフは頭を抱えていましたね」(同)

     そこまで和田を頑固にさせているのは、昨年の紅白歌合戦だ。
    出場39回を数える和田が落選という憂き目に遭った。落選が決まった際、和田は書面で「40回という節目でもありましたので、正直悔しい気持ちもあります」とコメントを発表するなど、
    無念の気持ちをにじませていた。

     芸能プロ関係者は「確かに最近はこれというヒット曲もないのに、毎年紅白に出場していたことに批判的な見方はあったが、
    それでも39回も出場した和田は紅白の歴史を作ってきた功労者と言える。落選させるにしても最後に卒業という形にして花道を作ってあげるとか、
    紅白側にそれなりの配慮があってしかるべきだったのでは」と指摘した。

     ここ数年、紅白からは北島三郎(80)や森進一(69)、細川たかし(67)などが“卒業”という形で出場しなくなっている。
    また過去には常連だった美川憲一(71)も2009年を最後に出場していない。小林幸子(63)もスキャンダルの影響で12年に落選。15年には特別枠で出場を果たしたが、まだ正式な“出場歌手”としての復帰はかなっていない。

     そういった意味では、紅白に関して悔しい思いをしてきたのは決して和田だけではないだろう。
    「たとえ紅白に出場できなくなったとしても、NHKの番組への出演オファーが届けば受ける歌手の方が圧倒的に多い。
    紅白出場への条件の一つに“NHKへの貢献度”というものがあるから、特に紅白復帰を目指している歌手は喜んで出演するのが普通。それでも和田は態度を変えない」(同)

     歌手生活50年の足跡をたどると、紅白をはじめとするNHKでの活動は、和田にとってかなり大きなウエートを占めるのは間違いない。
    それでも50周年イヤーにNHKの出演オファーを受けられないほど、紅白落選の悔しさは大きかったようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13312300/

    【【悲報】和田アキ子さん、せっかくのNHKからのオファーを次々と断ってしまうwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/07/08(土) 17:32:22.32 ID:CAP_USER9
     14歳の最年少プロ棋士・藤井聡太四段が公式戦29連勝の新記録を樹立し盛り上がる
    将棋界だが、人気将棋コミックを実写映画化した「3月のライオン」の公開時期をめぐり
    業界内では「早過ぎた」、「時期をなんとかできなかったのか」など落胆する声が
    相次いでいるというのだ。

     同作は羽海野チカさん原作の人気コミックを実写映画化。神木隆之介が演じた主人公の
    桐山零は史上5人目となる中学生で入段した若手棋士。劇中ではライバル棋士との対決や
    周囲の人々との心の交流を描く。

     有村架純、豊川悦司、佐々木蔵之介、伊藤英明、倉科カナら豪華キャスト陣をそろえ、
    3月18日に前編、4月22日に後編が公開されたのだが…。

     「今年のラインアップの中でもかなりの数字が期待された大作。ところが、
    いざ公開してみると、集客に大苦戦。結局、興行収入は2作で10億円ほどしか
    いかなかったのでは」(映画ライター)

     藤井四段が話題になったのは、昨年のクリスマスイブ、ひふみんの愛称で親しまれ、
    先日引退した加藤一二三九段に公式戦初勝利を収めてから。4月4日に小林裕士七段との
    対局でプロデビュー以来無敗連勝新記録となる11連勝を達成。その後、公式戦連勝記録の更新が
    視野に入ってきた6月に入り、各テレビ局の情報番組がこぞって取り上げ、
    注目されるようになった。

     「後編の公開時期はすでに藤井四段のブーム到来の予感があったはず。公開を延期するなり、
    前後編の一気上映企画をするなり、宣伝担当があれこれ知恵を絞るべきだったが、
    何もせずに公開終了。将棋ブームの到来を指をくわえて見ているだけになってしまった」
    (映画業界関係者)

     9月27日発売の同作[前編]のBlu-ray&DVDの特典として、神木と藤井四段の対談映像が
    収録されるというが、タイミングがかなり微妙だ。

    リアルライブ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000002-reallive-ent

    【【悲報】将棋映画『3月のライオン』公開時期が残念過ぎると話題・・・・・・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ