アイキャンフライ

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/11/05(木) 10:47:48.79 0.net
    元AKB48の女優、川栄李奈(20)が来年4月4日スタートのNHK連続テレビ小説
    「とと姉ちゃん」(月~土曜前8・0)で朝ドラデビューすることが4日、分かった。
    女優で歌手、高畑充希(23)演じるヒロイン、常子の勤め先の同僚役で出演する。
    8月にAKBを卒業し、女優として歩き始めた新星が、国民的ドラマで輝きを放つ!

    おバカキャラでブレークした川栄が“大出世”だ。
    9月に「AZUMI 幕末編」で初舞台を踏んだばかりの“新人”が、早くも朝ドラに進出する。

    「とと姉ちゃん」は、戦後に発刊された生活総合誌「暮しの手帖」の創業者、
    大橋鎭子(しずこ)さんがモデル。
    11歳のときに病気で亡くした父親(とと)代わりに、母親と妹2人を
    懸命に養う猪突猛進型のヒロイン・常子の奮闘を描いた作品だ。

    関係者によると、川栄は常子が働くとある店の娘で、彼女とは同僚という役どころ。
    オーディションで存在感を発揮し、見事に合格したという。

    AKBは現在放送中の朝ドラ「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」を担当しているが、
    出演はNMB48の藤江れいな(21)が「あまちゃん」(2013年前期)の第6話に
    クラスメート役で出演して以来。
    AKB卒業後の初ドラマが朝ドラという異例の出世を成し遂げた川栄は、
    来年のクランクインに向けて準備しているという。

    8月4日に5年間在籍したAKBから巣立ち、女優に転身。
    卒業後初仕事となった主演舞台「AZUMI-」では、おバカキャラを封印して
    すごみのある殺陣や演技で座長を務め上げ、演出家の岡村俊一氏(53)も
    「総選挙では16位でも、演劇では日本一を取れる」と、女優としての才能に太鼓判を押していた。

    卒業公演の際、「10年後に『アイドルだったんだ』と思われるくらいになりたい。バカは卒業できないので、
    バカを隠しながらやりたい」と女優としての飛躍を誓っていた川栄。
    歌って踊るアイドルから、演技で魅せる“お茶の間のアイドル”になる日も近い!

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151105-00000023-sanspo-ent

    【女優・川栄李奈(20)が来春スタートのNHKの朝ドラに出演決定】の続きを読む

    1: 胸のときめき ★@\(^o^)/ 2015/11/05(木) 23:32:29.46 ID:???*.net
    「看板に偽りあり」とはこの男のことを言うのかもしれない…。芸能界一の“テキトー男”を売りにするミスター適当こと高田純次(68)だ。
    だがその素顔は適当どころか超しっかり者。しかも、芸能界でも、知る人ぞ知る億万長者なのだ。
     「あの齢で、次から次に仕事が入って来るのは奇跡と言ってもいい。芸能界では彼くらいですよ…」(広告代理店関係者)

     高田といえば『上沼・高田のクギズケ!!』(読売テレビ・中京テレビ)、『ぴったんこカン★カン』(TBS系)、『むちむち!』(NHK Eテレ)などに加え、
    この9月からは地井武男の『ちい散歩』、加山雄三の『若大将のゆうゆう散歩』と続く3代目の散歩人として抜擢され、『じゅん散歩』(テレ朝系)をスタートしたばかり。
     「現在、高田は多数のレギュラー番組を抱えている。その大半がロケものであるため、スケジュールは超タイトなんです」(芸能プロ関係者)

     テレビばかりではない。CM界でも売れっ子なのだ。
     「『6億円!BIGマン!』、『クリーム玄米ブラン クリーム玄米部長篇』さらに今年は国勢調査の広報大使にも選ばれているんです」(広告代理店関係者)

     当然、気になるのは出演料だ。高田クラスだと、いったい、いくら手にしているのか!?
     「ゴールデン帯のバラエティー番組だと1本70万円~。CMは3000万円~。年収は安く見積もっても2億円以上あるでしょう」(同)

     さらに高田は、所属事務所『テイクワン・オフィス』の代表取締役を務め、タレント兼社長でもある。
     「所属タレントとの年に一度の契約更改は実にシビア。レギュラーを取らないとギャラがアップしないなど、あのテキトー男とは雲泥の差なんです。
    まあ、もっとも所属タレントは1人しかいませんが…(笑)」(芸能プロ関係者)

     高田はタレント勝ち組。

    http://wjn.jp/article/detail/4979934/

    【【芸能】金にはシビアな高田純次】の続きを読む

    1: ダークホース ★@\(^o^)/ 2015/11/06(金) 12:08:55.67 ID:???*.net
    映画監督・三谷幸喜(54)の新作映画『ギャラクシー街道』が大苦戦を強いられている。
    ネット上には一般人だでなく三谷ファンからも酷評の嵐とあって、「ついに才能の限界か」と
    11月5日発売の『週刊新潮』(新潮社)にも報道されてしまった。

    本作は三谷映画初となる、宇宙空間を舞台にしたSFロマンチックコメディー。
    人工居住区「うず潮」と地球を結ぶスペース幹線道路「ギャラクシー街道」の、とある飲食店に集う
    異星人たちが織り成す群像劇だ。
    劇作家・脚本家として絶大な人気を誇る三谷幸喜作品だけに、
    高い興行収入が期待されるのも当然といえるだろう。

    「主演は『ザ・マジックアワー』にも出演した香取慎吾(38)と綾瀬はるか(30)、さらに西田敏行(68)や
    大竹しのぶ(58)といった大御所、小栗旬(32)や遠藤憲一(54)、西川貴教(45)など。
    お気に入り俳優陣で固めたものの、“近年稀に見る駄作”ともっぱらの評判で、興収は13億に届くかどうか。
    時間帯によっては観客がゼロという劇場も出始めています」とはスポーツ紙記者の寸評だ。

    出演した大竹自ら、完成披露試写会の舞台あいさつで
    「本当にくだらなくて、なんにもない映画なんですけど」と話した同作。
    ネットでも、「本当に何にも残らない、感動もしない。だから気楽に見に行くことができる」とする声がある一方で、

    「苦痛と不快の極致。この世の闇のすべてが詰まった人生最低の109分」
    「つまらない下ネタに人種差別。コメディなのに笑えない」

    と酷評の嵐が吹き荒れている。
    期待して観ただけに、失望と怒りを感じた観客が大勢いたようだ。

    “三谷作品”というレッテル抜きで、純粋にエンタメ作品としても酷評の嵐が吹き荒れている『ギャラクシー街道』。
    巧みな伏線や仕掛け、軽妙な会話劇を得意とする映画監督・三谷幸喜は一体どこにいってしまったのか。

    「コメディ作家として才能が枯渇してしまったという声もありますが、女優の小林聡美と2011年に
    離婚したことも、人見知りで知られる三谷氏にとってマイナスだったのかもしれません。
    離婚後に初めて作った『清須会議』あたりから『THE 有頂天ホテル(06年公開)』
    『ザ・マジックアワー(08年公開)』などに見られるカラっとした笑いの要素が見られなくなった」
    (前出のスポーツ紙記者)

    来年1月にスタートのNHK大河ドラマ『真田丸』の脚本を手掛ける三谷だが、
    同じく三谷ファミリー総出演となる大河ドラマでも、同様の結果になってしまわなければいいものだが……。

    http://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1035669/

    映画『ギャラクシー街道』
    no title

    【【芸能】 三谷幸喜「ギャラクシー街道」が大苦戦…「近年稀にみる駄作」の声】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/06(金) 07:07:44.06 ID:???*.net
    一般的な外見の評価は高いのに、なぜだか「この人の顔苦手かも・・・」「あの人の性格は無理かな」と感じてしまう男性芸能人はいませんか?
    人によって意見は様々ですが、独女がどんな男性をイメージするのか気になるところです。

    そこで今回は、「カッコいいけどこの人はモテなそう」と思う男性芸能人は誰か、全国の独女100人に聞いてみました。

    ◆「カッコいいけどモテない男性芸能人」ランキング

    ?【質問】
    「カッコいいけどモテなそう」と感じる男性芸能人は誰ですか?

    ?【回答】
    1位:松坂桃李
    2位:ウエンツ瑛士
    3位:速水もこみち

    ◆1位は話題の映画、ドラマに大活躍!「松坂桃李」

    アンケートの結果、残念な1位を獲得してしまったのは松坂桃李さんでした。

    「松坂桃李さん。イケメンだけど、性格は暗くてインドア派そうだから」(20代/学生)

    「松坂桃李。すごくカッコいいのに、根暗なイメージがあるから。デートをしてもあまり楽しくなさそう」(30代/会社員)

    「松坂桃李。テレビ番組で密着取材を受けていた時に、友達がいないと言っていたから」(30代/アパレル)

    意外なことに、イケメン俳優として知られる松坂桃李さんが1位に選ばれました。
    「インドアで根暗そうだから」といった理由が大半で、バラエティ番組で「友達がいない」と発言したことも影響しているようです。

    「いくら顔がイケメンでも、デートは楽しくなきゃ嫌!」と考える独女の方が多くいることが分かりました。

    ◆2位はバラエティ番組の顔!「ウエンツ瑛士」

    そして第2位は、バラエティ番組に引っ張りだこのウエンツ瑛士さんが選ばれました。

    「ウエンツ瑛士くん。かっこいいし面白いけど、何だかモテる気がしない」(20代/会社員)

    「ウエンツ瑛士。喋らなかったらイケメンだと思いますが、バラエティのイメージが強くて、あまりモテるタイプではなさそう」(30代/金融)

    「ウエンツ瑛士さん。ハーフでカッコいいイメージがありますが、女慣れしていない感じがします」(30代/食品)

    2位には、子役時代から芸能界で活躍し、ハーフタレントの先駆けとも言えるウエンツ瑛士さんがランクイン。
    「モテるイメージがない」「女慣れしてなさそう」といった理由が挙げられました。お笑い芸人のように体を張る姿など、バラエティ色が強い影響かもしれません。

    http://dailynewsonline.jp/article/1036271/
    東京独女スタイル 2015.11.06 06:00

    【【芸能】独女100人が「イケメンだけどモテない」と思う男性タレントは?】の続きを読む

    このページのトップヘ