アイキャンフライ

    1: 名無しさん 2017/05/29(月) 15:09:05.30 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170529/k10010999091000.html
    元KATーTUN田中容疑者から大麻の陽性反応
    5月29日 15時05分

    人気アイドルグループKATーTUNの元メンバーの田中聖容疑者が、大麻を所持していたとして逮捕された事件で、田中容疑者から大麻の陽性反応が出ていたことが、捜査関係者への取材で新たにわかりました。警視庁は大麻を使用していた可能性があると見て調べています。
    KATーTUNの元メンバーで、歌手の田中聖容疑者(31)は今月24日、東京・渋谷区で大麻を所持していたとして、大麻取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。

    これまでの調べで、田中容疑者は車を運転していて警察官に職務質問された際、車内から乾燥した大麻や大麻の吸引にも使う巻紙などが見つかっていました。

    その後、警視庁が尿を調べたところ、大麻の陽性反応が出ていたことが捜査関係者への取材で新たにわかりました。
    警視庁は大麻を使用していた可能性があると見て調べています。

    警視庁によりますと、これまでの調べに対し、「大麻は自分のものではない」などと供述し、容疑を否認しているということです。

    【【終了】元KATーTUN田中、やっぱり大麻の陽性反応キタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/05/29(月) 13:40:36.01 ID:CAP_USER9
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/206305

    「芸能界の巨人」として君臨している歌手の和田アキ子(61)だが、TBS系ドラマ「小さな巨人」に出演して話題になっている。

     和田は5月21日に放送された第6話から登場。
    演じる役どころは、明らかに安倍政権を揺るがした森友学園のパクリと思われる学校法人「早明学園」の理事長・金崎玲子役。
    長谷川博己(40)演じる主人公の前に大きく立ちはだかるが、意外にも悪役は初挑戦だという。気になる演技の評判なのだが……。

    「驚くほどの迫力のなさに『セリフが棒読み』、『いつもより小さく見える』など批判が殺到。
    最近、歌う時でもすっかり声にハリがなくなったが、和田はパーソナリティーを務めるラジオ番組で台本に書かれてある演出が細かすぎることに対して悩みを打ち明けたほど。ドラマ班は和田のペースに関係なく演出するから和田も戸惑っている」(TBS関係者)

     和田といえば、長年、同局で冠番組「アッコにおまかせ!」を持ち日曜の昼の顔として君臨。
    とはいえ、番組はすでにマンネリ状態で、和田の取り巻き同然のタレントがヨイショ合戦。
    おまけに、ヒット曲もなく長年にわたって出場自体が疑問視されていた紅白も昨年は落選してしまった。

    「『アッコ|』は視聴率がかなり苦戦中。
    そろそろ局の幹部はリニューアルを考えているが、和田の事務所との関係もあり、"勇退"を切り出させない。そこで誰が和田の肩叩きができるかが注目されている」(同前)

     巨人の肩叩きができれば2階級特進だが……。

    【【ついに】和田アキ子、女優業も不評でいよいよ勇退への布石が整ったかwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/05/29(月) 12:31:16.47 ID:CAP_USER9
     28日に放送された観月ありさ(40)主演のフジテレビ系連続ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(日曜・後9時)第6話の平均視聴率が4・2%だったことが29日、分かった。前回の5・3%から1・1ポイントの大幅ダウンで同ドラマ史上最低の数字となった。。

     同作は、日本に数人しかいない骨格標本を組み立てる「三度の飯より骨が好き」というプロ標本士・九条櫻子(観月)が、法医学・自然人類学の豊富な知識、鋭い観察眼や洞察力、想像力を駆使して難事件を次々と解決していくという、太田紫織さん原作のミステリー。

     平均視聴率は苦戦も同局の調べでは、F2層(35歳から49歳までの女性)と原作小説、漫画ファンのキッズ層の人気は初回から高く、今後の伸びしろが期待される形だ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    スポーツ報知2017年5月29日10時06分
    https://news.infoseek.co.jp/article/20170529hochi047/

    【【悲報】観月ありさ主演のドラマ、もうなんの話題にもならないくらい誰も見ていないwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/05/28(日) 10:45:49.54 ID:CAP_USER9
    ジャニーズの人気アイドルグループ「KAT―TUN」の元メンバー・田中聖(こうき)容疑者(31)が、大麻取締法違反(所持)で5月24日に現行犯逮捕された。

     場所はライブハウスやラブホテルなどがひしめく東京・渋谷の繁華街。目撃した警備員はこう語る。

    「路地から曲がってきた黒いワゴン車を、別の路地から来た警察車が『そこで止まりなさい』と拡声機で止めた。逃げるそぶりもなく素直に止まった。この辺りは路地が入り組んでいて死角も多い。クスリの売買もあるみたいで、逮捕劇やもめ事をよく見かける。今回も数あるうちの一つという感じだった。本人も見たが芸能人とは思わなかった。後でテレビで知って驚いた。それくらい風貌(ふうぼう)にオーラがなかった」

     田中容疑者は1998年にジャニーズ事務所に入った。2006年にKAT―TUNの一員としてメジャーデビューした。ある芸能ジャーナリストは、KAT―TUNについて従来のジャニーズグループとは一線を画す存在だったと語る。

    「茶髪や金髪、アクセサリーもジャラジャラと、やんちゃなイメージを打ち出した。黒髪サラサラで白馬に乗った王子様という従来の印象を打ち壊した」

     田中容疑者は「やんちゃ」の道を進んでいく。事務所が禁止しているのにバーを経営し、タトゥーも入れた。複数の女性との交際もうわさされ、独自にラップのライブをやったこともあったようだ。事務所は「度重なるルール違反行為があった」として、13年に契約を解除した。

     一方で、東日本大震災のときには被災地支援のため現地に入り、熊本地震の時にも「やらない善よりやる偽善」と支援を訴えていた。仕事関係では、誰にでも自ら頭を下げる礼儀正しさがあったという。一緒に仕事をした関係者は「すごくいいやつだ」と評価していた。両親や兄弟との仲も良くて、ペットも大好きだった。

     好青年の側面も見える彼が大麻を持っていたとすれば、何があったのか。

     契約を解除されてからは、主にロックバンド・INKTのボーカルとして活動。オフィシャルブログでは全身のタトゥーを見せながら、音楽の仲間とポーズをとる写真が掲載されている。いまもツアーの最中だったが、今回の逮捕を受けて中止となってしまった。

     力を入れていたバンド活動だが、CDの販売やライブの動員は伸び悩んでいたようだ。ツイッターでは新しいアルバム「Square」を連日PR。逮捕後の5月25日も自動更新なのか、〈お昼からこんな過激な動画を!? 午後も頑張りましょう〉とツイートし、ミュージックビデオをアップしていた。

     自宅もかつては億ションだったが、いまは普通のマンションに引っ越しているという。
     KAT―TUNで一躍スターになった経歴からすれば、生活の水準も下げたいまの状況は、決して満足できる物ではなかったはずだ。

     前出の芸能ジャーナリストはこう語る。

    「デビュー当時から薬物のうわさはあった。バンド活動がうまくいかないなか、世間の悪いイメージに、自らのみ込まれていったのかもしれない」

     26日には東京都世田谷区の自宅が捜索された。同じマンションの住民は驚きを隠せない。

    「駐車場には田中さんの黒いワゴン車がいつも止まっていた。車でちょっと出かけて、5分ほどでコンビニの袋を持って帰って来ていた。物静かな方で、こんなことになってびっくり」

     自宅近くのコンビニの店員によると、お酒やタバコ、スナック菓子などをかご一杯買っていたという。

    「腕など体のあちこちにタトゥーがあった。半年くらい前まではやせている女性と2人で来ていたが、最近は一人だった。数年前にはKAT―TUN元メンバーの赤西仁と一緒に来たこともあった」

     自宅のベランダでは、「家庭菜園」をしていた。オクラやフルーツトマト、きゅうりなどを植えていて、ブログで成長の様子を公開していた。

     田中容疑者は大麻は「自分のではない」と、逮捕時には容疑を否認していた。再びステージに立つ日は来るのだろうか。(本誌 秦正理 上田耕司 太田サトル)

    AERA dot. 5/28(日) 10:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170528-00000005-sasahi-ent

    【「大麻逮捕」の田中聖の私生活がヤバすぎるwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ